和室を上手に使いこなそう
~ライフスタイルにあわせた活用法~

image

若者には一般的に人気のない和室。なぜ、人気がないのでしょう? 
その理由の一つにコーディネートが難しいことが挙げられます。このことは、なにも若者に限った話ではなく、意に沿わない和室が、賃貸物件や分譲住宅に存在したときに、その活用方法に困る方が多いことの原因でもあるのです。ここでは、その和室の活用法をみていくこととしましょう。

和室は上質で気品のある日本邸宅の象徴

日本の文化に和室は欠かせないものです。書道を志す方、お茶を点てられる方、庭園を眺めながらの客人の接待など、日本人のライフスタイルに根付く、厳かな雰囲気と上質な気品を表現するには和室の存在はなくてはなりません。

しかし、近年、欧米文化を嗜好する傾向が強くなり、次第に日本文化の象徴が一つずつ姿を消していくこととなります。その一つが和室であった訳ですが、実際のところ、日本人の方に和室のイメージを尋ねると、決して悪いものではありませんでした。しかし、周りのアイテムが欧米化する中で、どうしても和風アイテムである和室とのミスマッチが起きてしまうことが、和室離れが進んでしまった大きな原因の一つであると言わざるを得ません。

改めて、和室は上質で気品のある日本邸宅の象徴であったということを思い出してみませんか?

洋間と和室のギャップを大袈裟に表現する

さて、それでは具体的にどのように和室を活用すればよいのでしょうか? 
人が感動したり、心が揺れるときには、往々にして「ギャップ」というものが存在していることが多いものです。住宅の外観は100%洋風であり、玄関からリビングまで全てが洋風にコーディネートされている中で、引き戸を開けたら突如、純和室が目の前に現れると、誰しも「ギャップ」を感じずにはいられません。この心の作用を巧みに利用し、「ギャップ」を感動・お洒落に転化させるためには、徹底的な純和室コーディネートが必要です。その方法は、いたって簡単です。
「洋風アイテムを和室から排除する」だけです。これなら実践できますね!

ポスター・カレンダーを掛け軸に、照明器具を行燈に、クッションを座布団に、ライフスタイルにあわせて変えるだけです。もちろん配置のテクニックなども大切ですが、「洋風アイテムを排除する」ということを徹底すればほぼ成功しますのでぜひ試してみて下さい。普段、気に留めない和風アイテムを買い揃えるのも、また楽しいものです。

リビングルームを中心に生活していると、そこは生活感が前面に出てしまいがちです。そういった場合には、この和室を客間として活用することは大変意義のあることでしょう。

障子・襖の張り替えや畳の表替えは経済的

一概に言えませんが、洋間のフローリングの張り替えや壁紙の張り替えなどの工事に比べると、和室の障子の張り替えや・襖の張り替えは自分でできてしまいますし、畳の表替えを業者に依頼しても比較的リーズナブルにできます。この経済的な利点を生かし、和室をリフレッシュさせてみましょう。

色褪せた障子、襖、畳をリフレッシュさせるだけで雰囲気は随分と変わります。

和室を寝室として利用する

よく和室を寝室として利用したいという方がいます。和室には1間分の押し入れが付いていることもその理由の一つでしょう。ただ、和室にベッドを置きたいというリクエストは悩ましい問題です。

対応策は3つあります。
一つ目は、和風ベッド(畳ベッド)を置くこと。二つ目は、和室にカーペットやクッションフロアーを敷き、その上に洋風ベッドを置くこと。三つ目は、ベッドを諦め布団を敷くことです。

ここでは、飽くまで「和室の活用法」なので、二つ目の方法はおすすめしません。また、三つ目の布団を敷くのは、都度、布団の上げ下げが面倒臭いと感じるとは思いますが、より衛生的に利用ができるといいうメリットもあります。ベッドを諦める代わりに「すのこ」を畳の上に設置し、その上にマットレスを置くという手もあります。通常のベッドよりも背丈が低くなり、より和室にはマッチすることでしょう。

難しい和室のコーディネートを今まで避けてきた方は、今一度、和室のよさを見直しぜひ有効活用して頂きたいものです。