賃貸住宅と鍵

image

賃貸住宅の入居の際、物件の引渡しの証として受け取る鍵。賃貸物件だからといって、その鍵を杜撰に取り扱うと重大なトラブルを引き起こす原因となります。

ここでは賃貸住宅の鍵について大切なお話をしたいと思います。

スペアーキーは勝手には作れない…

最近の鍵は、防犯上の観点から、複製の鍵、すなわちスペアーキーの作製が物理的に不可能なものが増えました。とはいっても、未だ、大半の鍵は専門店やホームセンターなどに持って行けばわずか数分の間でスペアーキーが出来上がってしまいます。家族の人数が多い場合やもしもの場合の備えとしてスペアーキーは心強い味方です。

しかし、住まいが賃貸住宅の場合、勝手にスペアーキーを作製して、利用してもよいのでしょうか? 
答えは、「NO」です。大半の賃貸借契約書では、鍵の複製には、貸主(大家)の承諾が必要となっているはずです。

入居者の安全と防犯が優先

上の段落では、賃貸住宅のスペアーキーの作製には貸主の承諾が必要との説明をしましたが、家賃を支払っているのは入居者であるのに何だかけち臭く思いませんか? 実はそのような制約にはちゃんとした理由があるのです。

もし仮に、あなたが貸主に黙ってスペアーキーを作製したとしましょう。あなたが悪意であれば、その部屋を解約し、次の入居者が入居することとなった場合に、あなたは隠し持ったスペアーキーでその入居者の部屋に侵入することができてしまいます。もちろん犯罪行為なので、あってはならない話ですが非常に怖い話でもあります。

このたとえ話において、スペアーキーを作製したあなたが、そのスペアーキーを紛失してしまい、悪意の第三者に渡ってしまったらどうなるでしょうか? 
当然、スペアーキーのみならず、本キーを含め、鍵を紛失した場合は鍵交換(ロック交換・シリンダー交換)が必要となりますが、そのまま放置すればあなた自身が危険ですし、仮に入居中に難はなくても、次の入居者が危険にさらされてしまいます。
その時、あなたはその責任をとることができますか?

このように入居者の安全と防犯を優先させるといった理由から、スペアーキーを作製する場合には必ず貸主の承諾を得るように契約で規定しているのです。

入居物件の鍵は、前入居者の鍵と同一のものでは困る…

あなたが今入居している物件、またはこれから入居する予定の物件の鍵は、前入居者が使用していた鍵と同一のものではないですか? 
もし、同一のものであるなら即刻鍵交換をしてもらいましょう。理由はここまで説明したとおりです。
一般的に管理会社が入っている物件なら、まず間違いなく鍵交換がされているはずでしょうが、念のために必ず確認しましょう。

信じられないかもしれませんが、貸主自らが管理をしている物件では何十年もの間、一度も鍵の交換がされていないことがあります。その場合、一目瞭然、鍵が錆びていたり、黒ずんでいます。言い難いかもしれませんが、迷わず、鍵を交換してもらうように貸主に依頼してみましょう。貸主が鍵を交換していない理由の多くは、鍵交換の重要性を理解していないか、費用が惜しいかのどちらかです。必ずしも鍵を交換しなければならないという法律上の義務があるわけではないので、難色を示す場合もあるかもしれません。そのような場合は、自己負担で鍵交換をしたい旨を伝えましょう。鍵の交換は、変更行為に該当するため、借主が勝手に行うことはできません。しっかりと理由を説明し、貸主の承諾を得るようにしましょう。

いかがでしたでしょうか? 
賃貸物件の鍵の取り扱いは慎重に行う必要があります。杜撰に取り扱うことによって思わぬトラブルに発展しないように注意しましょう!