老後を見据えた家づくりとは

image

各ハウスメーカーでは「平屋」の商品開発・販売活動が盛んになっています。これは、子育てを終え、これからシルバー世代を迎える方々の「セカンドライフ」をターゲットにした戦略の一環ということができるでしょう。しかし、住宅購入は大半の方にとって一生に一度の買い物。全ての方が、2度目の住宅購入にあたる、こういった「平屋」を取得できる訳ではありません。それ故に、住宅を選定する場合には老後を見据え検討すべきということは決して大袈裟な話ではないのです。

若い頃には問題がなかったが高齢になると…

統計的にみると、住宅を購入したり、建築をする時期というのは、30歳から39歳、つまり30代が全体の半数以上を占めています。30代といえば、大半の方が子育ての最中で、自分の健康というものには少しは気に留めているものの身体には自信があり、若さがみなぎる年代です。しかし、50代に突入する時期になると、若い頃には問題に感じなかったことが、徐々に問題として顕在化してきます。

例えば、ほんの僅かな段差でつまずき転んだり、トイレやお風呂の中で立ち上がるとき、また階段を登ったりするときに手すりが必要だと感じるようになったりするのです。

想定し、準備することが大切

上の段落で説明した高齢による各事象の顕在化は個人差があることでしょうから、そうなる時期や程度などは人によってまちまちです。もちろん、若い頃には必要のないことまで最初の段階で完全に対応することは費用や時間の無駄になってしまいます。
しかし予め想定をし、準備をしておくことは非常に大切なことです。

上の段落の例で言えば、新築当初から玄関、リビング、トイレ、バスルームなどの基本的な生活導線はバリアフリーユニバーサルデザインを採用しておいたり、必要になった時点で手すりを付けることができるように壁に下地を入れ補強したりすることです。

危険が潜む場所を洗い出そう

その他にも、準備しておいて損のないことはたくさんあります。
後から手を加えることの難しい階段に関しては、予め段差の少ない設計にしておいたり、勾配をより緩やかなものにしておくことは有効な手法と言えるでしょう。某テレビ番組でよく取り上げられていた危険が潜む場所には特に注意と配慮が必要です。洗濯物を干すバルコニーや高い場所に位置する収納などは一歩間違えば大事に至ります。

そういった、危険が潜むポイントを洗い出して、「対応すべきところは予め対応する」、後々でもよい場所は「対応しやすくしておく」ことを念頭に置き、住宅設計をすることが、「老後を見据えた家づくり」と言えるのではないでしょうか?